リフォーム営業からタクシー運転手に転職

タクシー運転手です。正式にはタクシー乗務員と言います。お客様がタクシーを呼んだり、駅でお客様を待ったり、無線エリアでタクシーコールのお客様をお待ちします。仕事の内容はお客様の目的地に最短料金と最短距離と最短時間を意識して車の運転をします。また、障がい者の方やお年寄りの方、荷物の多い方には自分から率先してドアの開け閉めや荷物の送り出しを行います。そして、基本的には制限速度を守り、安全運転をします。ちょっとしたこつですがなるべく、右折をしないようにします。つまり、左車線を走っているとお客様を乗せやすいということになります。

前職はリフォーム営業でしたので固定給が10万円でした。本当に外資系のような給与体系でした。私は既婚者で妻子がおりますので10万円では生活ができません。また、リフォームの営業では訪問販売にちかい形が取られておりますので成績が悪いとそのまま給料に反映します。あてにならないなら会社員である必要はないと思っていますのでタクシー業界に飛び込みました。タクシー業界は総売り上げから歩合が50パーセントになります。大きくは稼げませんが1ヶ月のスパンで見ると大体は平均して手取り月収が25万円になります。スキルも資格もなく、これだけ稼ぐことができれば悪くはないのでしょうか。

私は昔の知人から紹介を受けました。その友人から言われたことは紹介料が入るから試しにやらないかということでした。紹介料は紹介者と紹介された方の双方に20万円ずつ入りますので得だと念を押され入社しました。もちろん、諸条件はあります。条件は正社員として1年以上勤めることです。途中で辞めた場合は退職日の給料から強制的に引かれます。このことは入社時の書類に契約をさせられます。要するに1年1ヶ月で辞めれば問題ないのです。しかし、私はタクシー業は気楽なのでとても楽しいです。一応は会社員ですが本当に自由気ままな仕事です。おすすめいたします。