デパートのレジ係から生命保険の営業へ転職

会社から与えられた企業の社員さん向けに生命保険を募集するお仕事です。
また与えられた企業以外にも飛び込み営業といって、新しく行先を自分で開拓するお仕事もありました。
保険の募集は基本的に社員さんにアポを取り、その後保険の説明をして会社終わりや、休日の自宅へお邪魔して保険の説明をし、契約をして頂いていました。
保険契約募集以外にも保全といってお客様が保険請求の手続きをしたり、住所や氏名変更、解約の手続きに関する事務的な仕事もありました。

以前のデパートのレジでの仕事はやりがいもあり楽しかったのですが、お給料の割に拘束時間が長く
一日同じ所での立ち仕事が苦痛になり、転職を考え始めました。
次にするお仕事の条件として、自由に動き回れるお仕事であるという事と、将来自分のスキルや知識が増えるような職種が希望でした。
たまたま職安で出会った保険会社の上司に声をかけてもらい、自分の能力を高められ、いずれはファイナンシャルプランナーの資格を目指せると思い転職する事を決めました。

デパートのお仕事は、毎日勤務終了時間が遅かったので、勤務しながらの転職活動は難しいと感じました。なので、デパートのお仕事を退職してからの転職活動を始めました。
最初は転職情報のサイトや雑誌を見て転職先を探していましたが、自分に特別なスキルが無かったので
思うような転職先を見付ける事が出来ませんでした。
なので、週に一度職安に通い、職員の方にも相談に乗ってもらっていました。
職安に通い始めた頃、たまたま保険会社の上司が営業職員を探しに来ていて声をかけてもらいました。
職安から保険会社の事務所が近くにあり、何度かお邪魔しオフィスの様子や仕事の内容、待遇面など
色々詳細を聞き転職を決めました。